MENU タップでメニューを表示

日本ソーシャルワーク学会学術奨励賞選考委員会規程

2013年10月1日施行

第1条(目的)
日本ソーシャルワーク学会学術奨励賞事業要綱(以下「要綱」という。)に定められた事業を推進するために理事会の下に学術奨励賞選考委員会(以下「委員会」という。)を設置する。
第2条(審査事項)
委員会は、要綱に基づいて奨励賞の選考に関わる事項を審査する。
第3条(選考対象および手続き)
委員会は要綱に基づいて選考する。
第4条(授賞者の決定)
授賞者は、理事会で決定する。
第5条(構成)
委員会は、次の委員で構成する。

  1. 会長が指名する研究担当理事
  2. 理事会が指名する委員 数名
第6条(任期)
前条第1号の委員の任期は当該職務の在任期間とする。

  1. 前条第2号の任期は2年とし、3期を超えないものとする。
第7条(委員長)
委員会に委員長を置く。

  1. 委員長は互選とし、会長が委嘱する。
    ただし、第5条第1号の委員は、委員長になることはできない。
  2. 委員長は委員会を代表し、会議の議長となる。
第8条(招集および定足数)
委員長は必要に応じて委員会を招集する。

  1. 委員会は委員の過半数の出席により成立し、議事は出席委員の過半数をもって決する。ただし、可否同数のときは、議長の決するところとする。
  2. 欠席する場合、出席する委員に委任することができる。
  3. 委員長は必要があると認めるときは、その都度委員以外の者を出席させることができる。
    ただし、授賞候補者を出席させることはできない。
第9条(規程の変更)
この規程を変更するときは、理事会の議決を経なければならない。

附則

  1. 2013年10月1日より施行する。

このページのトップへ