MENU タップでメニューを表示

日本ソーシャルワーク学会 委員会規則

第1条 (目的)
この規則は、学会会則第4条第1項第2号にもとづいて設置する委員会員会について定めることを目的とする。
第2条 (委員会)
1.研究推進第1委員会
学会誌の編集および刊行、学術奨励賞の運営、会員(個人)研究の奨励、を担当する。
「学会誌編集査読専門委員会」「学術奨励賞選考委員会」「研究奨励委員会」を置く。
2.研究推進第2委員会
学会の大会及び研究集会の開催、学会としての組織的研究の推進などを担当する。
「大会企画委員会」「研究集会企画委員会」を置く。
3.研究推進第3委員会
学会の社会貢献推進として、広く社会にソーシャルワークを周知するための事業等を担当する。
4.総務委員会
ニュースレターの発行、メールマガジンの発信等の会員相互の情報共有の促進、ホームページの運営管理等の会員拡大のための広報活動を担当する。
併せて、関係団体との連絡調整、総会及び理事会の運営、業務委託業者との連絡調整、財政管理等、学会運営に必要な総務事項を担当する。
5.特命特別委員会
本会の将来展望など重要事項の検討を担当する。
6.その他
第3条 (委員)
各委員会の委員については、理事会の協議により、学会会則第10条に定める役員を充てる。
第4条 (委員の委嘱)
各委員会の運営にあたり必要があれば、学会会則第17条にもとづき、役員以外の会員に委員を委嘱することができる。
第5条 (活動費)
  1. 各委員会の活動に必要な経費は、学会予算に組み込む。
  2. 各委員会は、活動に必要な委員以外の人員を、予算の範囲で任用することができる。
  3. 各委員会は、予算執行結果を理事会に報告しなければならない。
第6条 (規則の変更)
この規則の変更については、理事会の協議により決定し、総会に報告する。

付則

  1. この規則は、2007年6月23日に制定し、2007年4月1日に遡って施行する。
  2. この規則は、2009年7月4日に名称及び内容の一部を改正し、即日施行する。
  3. この規則は、2015年7月19日に名称及び内容の一部を改正し、即日施行する。

このページのトップへ