MENU タップでメニューを表示

ソーシャルワーク・コラボセミナー in鹿児島

日本ソーシャルワーク学会&鹿児島県社会福祉士会

テーマ:貧困問題への地域福祉実践〜地域固有の知の可視化、そして共有に向けて

本年7月に開催された日本ソーシャルワーク学会第37回大会(オンライン開催)の開催校(鹿児島国際大学)企画シンポジウムでは、鹿児島の離島という地域固有の福祉実践の様々な活動、そしてそこから得られた知見を共有する機会を得ることができた。今回の「ソーシャルワーク・コラボ」では、上記大会との連動という意図の下、貧困問題を抱える様々な背景を持つ人々に対して、地域を軸としてどのような福祉実践が必要とされているかについて共に考える機会としたい。

開催日時
2020年11月8日(日)13:00-16:30
実施方法
オンライン開催(後日ご案内)
プログラム
【基調講演】
講師 永田 祐氏(同志社大学 教授)
演題「包括的な支援体制の構築と越境する地域福祉実践」
【シンポジウム】
「貧困問題への地域福祉実践〜地域固有の知の可視化、そして共有に向けて〜」
※シンポジストには、鹿児島県の離島など様々な地域背景に基づく、貧困問題への地域福祉実践に取組む地域事例のご報告を頂く。
【コメンテーター】
永田 祐氏(同志社大学)
【コーディネーター】
大島 巌(日本社会事業大学)、浅野 貴博(ルーテル学院大学)
お申し込み
申込などの詳細は、後日ニュースレター及び学会ホームページでご案内します。

このページのトップへ