MENU タップでメニューを表示

日本ソーシャルワーク学会・研究集会(秋季セミナー2017)

テーマ
ソーシャルワーク・アドボカシーの新たな役割と可能性
~我が事・丸ごと地域共生社会実現の課題からソーシャルワークに問われる専門性~
日時
2017年11月19日(日) 10:00~17:00
場所
日本女子大学目白キャンパス 八十年館851教室
〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
https://www.jwu.ac.jp/grp/access.html
本セミナーの趣旨
近年、日本の社会福祉をめぐるさまざまな領域において、地域共生社会のあり方が求められる一方で、既存の制度や社会サービスでは対応できない新しい社会問題・社会福祉問題が拡大し解決の途が模索されている。これらの諸問題に対して、従来はソーシャルワーク(SW)が取り組んで来た福祉課題の解決を、SW専門職以外の他専門職種(看護・リハビリ職等)、さらには一般住民などが担い専門性の「越境」とも認識される事態が進行している。
このような状況に対して、本学会第34回札幌大会・学会企画シンポジウムでは、「現代日本のスペシフィックな社会福祉問題とソーシャルワークの専門性~専門性の「越境」に対して、改めてジェネリックなアプローチを探る」をテーマに検討した。この課題に対して、当事者の個別ニーズに対応するミクロ実践をメゾ・マクロ領域のSW実践に反映させ、それを福祉制度・施策、政策へと架橋するアプローチとして、SWアドボカシー、実践家・当事者参画型「プログラム開発と評価」、制度の狭間問題に対するコミュニティSW開発アプローチなどを取り上げて、SWの独自性・固有性の観点から討議した。
本セミナーは、この札幌大会における議論を引き継ぎ、特にソーシャルワーク・アドボカシーの方法論に焦点を当て、ソーシャルワークの専門性とジェネリックなアプローチの可能性を探索する。
2015年9月に厚生労働省「新福祉ビジョン」が提起され、2017年8月21日には「地域力強化検討会最終とりまとめ(案)~地域共生社会の実現に向けた新しいステージへ」が公表された。本セミナーでは、この取りまとめ案をソーシャルワークの視点から評価すると共に、これら現代日本の社会的ニーズに対応するSWアドボカシーの方法論について、コミュニティソーシャルワークやソーシャルアクションなど他のSW方法論との比較や、地域における実践例から検討すると共に、その新たな役割と可能性について皆さまと共に討議したい。

セミナー・プログラム

あいさつ
小山隆会長(日本ソーシャルワーク学会会長/同志社大学)

午前の部《10:10-12:00》

本セミナーの位置づけ・趣旨
〇本セミナーの趣旨と本学会の取り組み
発題者:大島巌氏(日本ソーシャルワーク学会副会長/日本社会事業大学)
□全体コーディネータ・ファシリテータ:
大島巌氏(同上)、小西加保留氏(関西学院大学)
連続基調講演(その1)
○基調講演①:
厚生労働省地域力強化検討会最終取りまとめをコミュニティソーシャルワークの 視点から読み解く ~「制度の狭間問題」に対してSWアドボカシーの視点と方法論をどう反映させるか~
発題者:川島ゆり子氏(花園大学)
○基調講演②:
ソーシャルアクションの実践モデルと、その視角から見たソーシャルワークアドボカシーの役割と課題
~我が事・丸ごと地域共生社会実現の課題から「制度からの排除」にどう対応するか
発題者:高良麻子氏(東京学芸大学)
○コメント、質疑応答
・牧里毎治氏(日本ソーシャルワーク学会副会長/関西学院大学)、ほか

昼食《12:00-13:00》

午後の部《13:00-17:00》

連続基調講演(その2)
○基調講演③:
ソーシャルワーク・アドボカシーの新たな役割と可能性
~我が事・丸ごと地域共生社会実現の課題からソーシャルワークに問われる専門性とは~
発題者:小西加保留氏(関西学院大学)
○対談:
小西報告に対するコメント、高良氏・川島氏と小西氏の対談
実践報告とシンポジウム(その1)
○実践報告発題①:
生活困窮者自立支援法に基づく「子ども支援を通じた地域づくり」のその後の展開~SWアドボカシーの視点と方法論をどう反映できるか:アセスメントシートの有効性に焦点を当てて~
発題者:小林聖子氏(社福・豊島区民社会福祉協議会/公社・日本社会福祉士会)
○実践報告発題②:
「地域に必要な医療介護体制にソーシャルワーカーは何を発信し、どのように関わるか」のその後の展開~SWアドボカシーの視点と方法論をどう反映できるか
発題者:岡村紀宏氏(とよひら・りんく/公社・日本医療社会福祉協会)

休憩《15:00-15:15》

実践報告とシンポジウム(その2)~連続基調講演者3名からコメントと総合討論
コメンテータ①:川島ゆり子氏(花園大学)
コメンテータ②:高良麻子氏(東京学芸大学)
コメンテータ③:小西加保留氏(関西学院大学)
コメンテータ④:協賛団体関係者
総括《16:50-17:00終了》
小山隆会長、ほか
協賛団体:
・公益社団法人日本社会福祉士会
・公益社団法人日本医療社会福祉協会
・公益社団法人日本精神保健福祉士協会
・特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会
参加費(含・資料代):
・日本ソーシャルワーク学会会員・協賛団体会員:800円
・一般参加者:1000円
・学生:無料
案内チラシ
日本ソーシャルワーク学会・研究集会(秋季セミナー2017)チラシ

秋季セミナー2017参加受付フォーム

申込み締め切りは、2017年11月12日(日)です。

お名前必須
ふりがな必須
メールアドレス必須
電話番号必須
FAX番号
会員区分 日本ソーシャルワーク学会会員非会員院生及び学生協賛団体会員
会員の方は番号をご記入下さい
所属先名(勤務先名等)
職業 教員福祉関係施設・団体職員公務員大学生院生その他
所属団体 日本ソーシャルワーク学会日本社会福祉士会日本医療社会福祉協会日本精神保健福祉士協会日本ソーシャルワーカー協会
お問い合わせ内容

お問い合わせはJSSSW研究集会 2017事務局jsssw@mbf.nifty.comまでお願いします。

このページのトップへ