MENU タップでメニューを表示

『ソーシャルワーク学会誌』第22号(2011年6月)

実践報告

  • 障害のある人の労働の場づくりをめざした地域ネットワークの生成
    -参加型アクションリサーチを通して-
    大木 えりか

第27回大会報告

  • 大会プログラム
  • 学会長講演
    学会の歩みとこれから
    高橋 重宏
  • 大会長講演
    メアリー・リッチモンド再考
    -現代社会におけるソーシャルワークの構築に対する示唆-
    松原 康雄
  • シンポジウムⅠ
    日本の社会福祉実践はどこまでソーシャルワーク化できたか
    ─研究と実践の到達水準を検証し未来像を探る─
    コーディネーター 山崎美貴子
    シンポジスト 佐藤 豊道
    渡部 律子
    福山 和女
  • シンポジウムⅡ
    ソーシャルワークとしてのアイデンティティ
    コーディネーター 小山  隆
    シンポジスト 木原 活信
    平塚 良子
    和気 純子

ベストプラクティショナー

  • 住み慣れた我が家へ-高齢・単身者の退院援助-
    谷 義幸
  • 貧困問題の現場から取り組むリーガルソーシャルワーク
    宮澤 進

書評

  • 三輪久美子著
    『小児ガンで子どもを亡くした親の悲嘆とケア-絆の再構築プロセスとソーシャルワーク-』
    保正 友子

このページのトップへ