MENU タップでメニューを表示

『ソーシャルワーク学会誌』第19号(2010年1月)

特集:貧困とソーシャルワーク

  • 「ホームレス状態を脱却した人々」に対する支援に関する研究
    ―民間支援団体(NPO)によるソーシャルサポートネットワークの構築―
    後藤 広史
  • 貧困とソーシャルワーク
    ―生活保護におけるソーシャルワークをめぐって―
    新保 美香
  • ソーシャルワークによる脱-貧困への取り組み
    岡部 卓

論文

  • 生活施設における知的障害のある人の自己決定と本人の自己決定能力との関連
    ―担当支援職員から見た自己決定とその能力についての回答をもとに―
    與那嶺 司 ・ 岡田 進一 ・ 白澤 政和
  • 相談機関実習の学びの構造
    ―オプション実習における学生の実習日誌に基づく質的分析―
    坪内 千明
  • ソーシャルワーク実習における省察的実践の検討
    ―プロセスレコードの活用―
    横山 登志子 ・ 奥田 かおり
  • 高齢者デイサービスセンターにおけるサービスの質の構成要素の検討
    ―医療サービスとの比較から―
    福間 隆康

書評

  • 大塚 美和子 著 『学級崩壊とスクールソーシャルワーク
    ―親と教師への調査に基づく実践モデル』
    門田 光司

このページのトップへ