MENU タップでメニューを表示

『社会福祉実践理論研究』第13号(2004年6月)

論文

  • D. F. Krillによる実存主義ソーシャルワークにおける課題
    ―「疎外」の問題とその対応―
    田嶋 英行
  • 児童虐待防止ネットワークを機能させる地域機関マネージメント実践モデルの研究
    ―「サポート当事者化」プロセス
    山野 則子
  • 介護支援専門員のバーンアウトに関する研究
    ―バーンアウト予防法としてのストレスマネジメントの検討―
    高良 麻子
  • 精神科ソーシャルワーカーのアセスメント期における精神保健福祉実践活動
    ―その現状と関連要因―
    栄 セツコ・岡田 進一

第20回大会報告

このページのトップへ