MENU タップでメニューを表示

『社会福祉実践理論研究』第7号(1998年6月)

論文

  • 対人援助における「聴くこと」の意味
    ―傾聴ボランティアの実践から―
    村田 久行
  • 社会福祉実践における「ネットワーク」に関する一考察
    ―概念整理と共通性の抽出―
    松岡 克尚
  • 社会福祉現場実習における学習達成に及ぼす要因
    ―学生の評価からの分析―
    山井 理恵
  • 知的障害者入所施設を中心とした権利擁護システムのあり方に関する一考察
    沖倉 智美・中野 茂

研究ノート

  • アメリカにおけるソーシャル・グループワーク・モデルの変遷
    大沢 いずみ

実践報告

  • 情緒問題に悩む福祉学生へのグループワーク
    ―セルフ‐エステーム・グループを高めるための一年間の実践より―
    川村 隆彦

課題研究

  • ソーシャルワークのあり方に関する調査研究
    日本ソーシャルワーク学会ソーシャルワーク研究会

このページのトップへ